牡羊座

 

■牡羊座から見た牡羊座

■牡羊座から見た牡牛座

■牡羊座から見た双子座
よほど能力的あるいは体力的に差があって、親分子分のような関係なら成り立つが、そうでないと友だちとして仲良しになるのはむずかしいかもしれん。お互いに我が強く、いつも「自分が、自分が」と自己主張をしたがるから、この組み合わせでは必ず主導権争いのような「戦い」が起こるじゃろう。ただ、お互いに相手を尊重する「仁義」のような感覚があるので、気に入らなくても、よほどのことでなくては表立ったケンカにはならないようじゃ。それに、そうした争いが始まる前に、何となく相手の行動を観察していくうちに、目障りな感じがしてきて、友だちになる前に離れていってしまうパターンのほうが多いかもしれん。もっともこれは、ここはあいつに仕切らせようと、相手のテリトリーを尊重する結果かもしれん。しかし、何かのグループの一員として知り合って、それぞれの任務にリーダーシップがとれるようであれば、共に全体として大きな成果をあげるような働きをするじゃろう。
せっかちな牡羊座から見ると、この人は何ともじれったい人かもしれん。とにかく性急な牡羊座とはテンポが合わない感じじゃ。
牡羊座にはこの人の慎重さがとてもスローに見えてしまうじゃろう。何だかチャンスをつかまえるのが遅いように見えてしまい、牡牛座が何となく損をしているように見える。そんなことから牡羊座はこの人を思わずからかってしまいたくなりそうじゃな。それに、この人は変に頑固に見えてしまい、何なんだろうと首をかしげてしまうこともありそうじゃ。この人はとても誠実で、牡羊座に何かしてあげようとすることがあるが、牡羊座は自分のことなら人にやってもらわなくても自分でさっさとやってしまうから、スローテンポの手伝いが煩わしく感じてしまいそうじゃ。だから本気でこの人の手伝いに感謝できなくなってしまう。この人は、どうにも牡羊座のテンポに合わせられる人ではないことをよく理解してあげよう。そうして、この人の特徴をよく知った上でつき合えば、この人の良さが分かるようになる。そうすればどのようにつき合えばいいか分かるはずじゃ。くれぐれもこの人のいじめっ子になってはいけないぞ。

牡羊座にすれば、この人はちょっと物足りなさとか、迫力や情熱に欠けるところがあると思えるにしても、その博識や要領の良さや、臨機応変に物事に対処する能力には脱帽するじゃろう。この人に何か聞くとすぐに的確な答が返ってくるし、その答にしても、内容が新鮮でユーモアまでも入っているところは感激ものじゃろう。ちょっと軽い人だとは思うけれど先生のような感じを持つかもしれん。牡羊座は迫力まかせ、爆発力まかせで物事に対処してしまうが、この人と一緒だと知恵を使って物事に対処することを学ぶ事ができる。だから、この人から多くを学ぼう。この人の要領の良さに牡羊座のエネルギーが加われば、鬼に金棒じゃ。ただ、この人は知的な分、神経が細いところがある。だから、ちょっとしたことでくよくよしたり、気が弱くなってしまったりする。そんなときは牡羊座が支えになってあげよう。牡羊座の一言が不思議にこの人の気持ちを立ち直らせる。いい友だち関係をつくれるじゃろう。気をつけたいのは、この人にあまり修羅場を経験させないこと。ちょっとした修羅場でもたぶん逃げていってしまうじゃろう。
 

 

■牡羊座から見た蟹座
 

■牡羊座から見た獅子座
 

■牡羊座から見た乙女座
牡羊座にとってこの人は何となく気に入らないのだけれど、それでも無視できない相手だと感じているかもしれん。気に入らないのはまず人気があること。これは少し牡羊座にやっかみがあるかもしれん。それにとにかく蟹座が感情的で気分で物事を判断してしまうところじゃろう。また無視できないのは、牡羊座に劣らず物事を処理していく能力や、自分を売り込むやりかたとか、ときどき見せる非常な強さ(多分ヒステリックな強さ)に対してじゃろう。この組み合わせは利害関係があったり一緒に何か作業したりすると、少し悪い関係になりがちじゃ。まずこの人の作業の仕方が気に入らない。この人は興に乗るまでやるべきことを放っておいたり、そうかと思うと急に猛烈にやりだしたりする。また、考え方も自分とは違うことを知るじゃろう。だからこの人にはいらいらさせられることが多くなる。利害関係がなく単に友だちである場合は、この人のやさしさ、面倒見のよさ、ほんわかとした雰囲気が気持ち良いかもしれん。この人は本質的にはお人良しじゃが、この人を利用すると強烈な反感を見せるから、安易に利用しようとしないことじゃな。
牡羊座はこの人を無条件に好きになってしまうだろう。この人は牡羊座の強さや行動力、それに考え方に信頼を寄せて誠実な友だちになってくる。この人は自分が頑固で融通がききにくいことを知っていて、ときに決断が遅くなる。そんなとき牡羊座の判断がとても役に立つことを知っているからじゃろう。また、牡羊座がいじめっ子から守ってくれそうな感じも受けているかもしれん。この人の誠実さは不動のもので、牡羊座はこの人を可愛くてしかたがない。牡羊座はとても強いが、この人もかなりタフな人で、何かコトが起きると日頃ののんき者が急に動きを早くして現実的な処理をする。だから牡羊座のテンポに遅れをとることがない。この組み合わせでは単に友だちであるより、クラブ活動や、スポーツで何か一緒にやるとコンビの妙がいっそう発揮されるじゃろう。この組み合わせには不思議な幸運がある。つき合っているうちに、計画したのではないけれど、物事が運命的にスムーズにいってしまうことがあって、そういう運気の流れを感じられるまでつき合うと、たぶん一生の友だちになるじゃろう。
 
仲良しが多い組み合わせじゃよ。牡羊座はいくぶんこの人には勝てないという感じを抱いているかもしれない。牡羊座は竜頭蛇尾という傾向があって、最初は勢いがあるが途中で飽きてしまったり、細かいところではポカをすることが多く、さらに詰めが甘かったりする。ところがこの人は粘り強く最後までやり通すし、おまけにかなり細かいところまで神経が行き届くから、この人と何かやると牡羊座は負けてしまうようじゃ。だからといって牡羊座はこの人を憎むことは少なく、この人のやさしさや、面倒見の良さについ甘えてしまう。それに、この人にとっては牡羊座の面倒はとても簡単で、あまり苦になることはないようじゃ。牡羊座にとってはこの人を何だか便利な人のように感じているかもしれないな。しかし、甘やかされていいわけがない。この人と一緒にいるとせっかくの牡羊座のいい点が発揮されない感じがある。この人にはとくに甘えず、何ごとも自分でやるように努力しよう。また、細かいところで、この人に揚げ足をとられてもあまり気にせず、大人的に言えば大局的に物事を見る姿勢を崩さないでいよう。細部などだれかにやらせればいいくらいに思っていていいじゃろう。こういうことを理解しておけば、この人とのつき合いもさらにいいものになっていくじゃろう。
 

 

■牡羊座から見た天秤座
 

■牡羊座から見た蠍座
 

■牡羊座から見た射手座
牡羊座がもしこの人と友だちとしてつき合っているなら、仲良しであっても、心の中に強烈なライバル意識があるのではないかな。天秤座は女性では一見とても優雅でスマートな人が多いが、性格はとても活発で強いものを持っている。男性はかっこいい人が多いが、優男に見えて、その実かなり強い人が多い。しかもどちらかと言うと牡羊座も天秤座も自分を強く主張してくるので、主導権争いを起こしそうじゃ。この人は非常に駆け引き上手で、交渉がうまい。牡羊座は駆け引きするよりストレートにやっつけるタイプじゃから、この人のそんなところが牡羊座にはずるく見えてしまうかもしれん。また、この人が牡羊座の強引なやり方を何となく軽蔑して見ているように感じられて腹が立つじゃろう。おまけにこの人は牡羊座よりはかなり洗練されているから、それもシャクにさわる感じじゃな。よく漫画で才能はあるけれど無骨で不器用な主人公がいるが、それを牡羊座だとすれば、この人は美形で才能があって、しかも異性に持てるライバルというところじゃろうか。お互いに意地を張るとどちらも負けてはいないから譲歩できずに分裂してしまいそうじゃ。もっとも、この人は持ち前のスマートさで争いになる前に目の前から消えてしまうじゃろう。
仲良しが多い組み合わせじゃろう。なぜか蠍座のこの人は牡羊座に一目置いてつき合っているようじゃ。何かするときに相談したり、牡羊座の行動にとても感心したりする。牡羊座のように行動できたらと思っているのかもしれない。そんなところを牡羊座は可愛いと思っているようじゃ。しかしこの人はどこか不器用で、何でもまずためらうというか、決断できず、なぜか疑ってしまったりして、その場で決められないところがある。牡羊座は少しイライラしてしまうかもしれん。そして牡羊座はせっかちなところがあるから、この人がまだ考え中なのに「もういい」とか、次の案を出したりして、この人を戸惑わせてしまいそうじゃ。この人から迷惑をかけられることは少ないが、この人を甘やかしたり、振り回したりしそうなときがある。この人には考える時間をあげよう。できれば一晩くらい考えさせてあげると、この人の気持ちを尊重した結論を導き出せるじゃろう。この人は一度友だちになるととても誠実になる。その誠実さを一方的に利用してしまわないようにしよう。
 
この人とはとても有益な友だち関係を作ることができそうじゃ。まず行動のテンポがとても合う。牡羊座に劣らずせっかちじゃからツーといえばカーという反応が返ってきて気持ちがいい。この人は知性的でありながらオタクではなく、外に出て体を動かすことも大好きなスポーツマンであることが多い。だから牡羊座の行動力にもついていくことができて一緒に遊んでいても楽しいはずじゃ。また、牡羊座の価値感と同じものを持っていて、牡羊座はこの人が関心を持つものに共感できる。しかも、牡羊座の前に現れる射手座は才能が豊かで頭もいい人が多く、牡羊座は同じ歳であっても一目置くところがある。この人の行動には時に羨ましさまで感じてしまいそうじゃ。しかし、この人はなぜか気が弱くなるときや、くじけてしまうときがあって、そんなとき牡羊座が励ましたり助けたりできる。そして、それをこの人は本当に感謝する。そんなところがまた牡羊座にとっては好ましく感じられそうじゃ。この組み合わせは友情というより友愛といった感情が生まれるほどいい関係になるじゃろう。
 

 

■牡羊座から見た山羊座
 

■牡羊座から見た水瓶座
 

■牡羊座から見た魚座
この人は牡羊座にとっては何とも手強い相手じゃろう。牡羊座がスピードと瞬発力と爆発的な行動で物事を処理していくのに対して、この人はじっくりと慎重に、綿密な計画のもとに巧妙に物事を片づけていく。しかも粘り強く達成するまであまり諦めることがない。こんな人だから、この人をフンとあなどることができない。いわば目の上のたんこぶのように感じるかもしれん。当然牡羊座は気に食わなくなるじゃろう。しかも自分のやり方を冷ややかに見つめられると腹が立ってくるかもしれんな。しかし、この人もあまりためらいなく物事に当たることができるので、その点は気分がよく一緒にいろいろなことをしていけるかもしれん。ただ、この人はかなり作戦を立てて対応してくる人じゃ。ときには策を弄するようなときもある。そんなときストレートに物事が見える牡羊座にとっては何ともずるくて陰険に見えるかもしれん。この組み合わせは、互いにできるやつだと思いながら、一定の距離を置いてつきあったほうがいいかもしれん。
水瓶座のこの人は牡羊座にとって理想的な友だちかもしれん。しかし何とも変わった友人だと思うじゃろう。話す事も行動も常識にとらわれない。それどころか常識を外していくことに喜びを見いだしているように見える。それが何とも愉快に思えるじゃろう。牡羊座もあまり常識にとらわれることがなく、ある程度自分に関係がなければ、人がどんなに変わっていてもおもしろがることはあっても眉をひそめることはないからな。そして、この人と一緒にいると新鮮で興味深い知的な世界がどんどん広がるはずじゃ。だから牡羊座はこの人を楽しいと思い、自分のインスピレーションのもとのように尊重するようになるじゃろう。そして、この人の潔さや友情の厚さには感心するじゃろう。牡羊座にはどこか「友情」というより「仁侠」を好むところがあるが、この人もときに「仁侠」の面を見せることがある。一緒に行動しているとき、この人は共に戦うことにひるむことはない。そんなとき牡羊座はこの人に感激することじゃろう。この組み合わせは「戦友になる友だち」だと言えるかもしれんな。
 
友だち関係になるケースが少ないかもしれん。関係があるとすれば、魚座に意地悪されていたり、自分にはかなわない人として存在していたりするかもしれん。もし魚座のこの人と友だちになっているとすれば、牡羊座はこの人にときどき困ってしまうかもしれん。中には体力も意志も心もとても弱い魚座がいて、壊れ物を扱うような感じになってしまう場合もありそうじゃ。だからつき合いに疲れるときがあるはずじゃ。また、一緒に行動しても何を考えているのか分からない感じで、言う事もすることもくるくる変わるし、首尾一貫しないし、気分次第で何をするかわからない感じに思えるはずじゃ。何か困っていてそれを助けてやっても、何だかありがたいんだか迷惑だったのかわからないし、少し突っぱなすとすぐに近寄ってくる。しかも、何か気に入らないことがあって怒りたくても、はかなげなムードを出してくるから、弱い人には勝てない牡羊座は怒りのや