ポイズンピル

ポイズンピルとは企業における買収防衛策のひとつです。既に自社の株主となっている人たちに事前に新株予約権を発行しておくことにより、会社が好ましくないと思っている相手に自社の株式を奪われることを防ぐことをいいます。もし、企業が敵対しているヘッジファンドなどの組織に自社の株式の一定量を取られた場合に毒薬条項(ポイズンピル)によって新株が発行されます。その結果敵対者が所有している株式数は、全体の発行数に占める割合が少なくなります

投稿者: henna kannkaku

異次元とはレベルの違い。 相反する2つの事を同時的に、載せる事です

コメントを残す