セーブ・ザ・チルドレン

公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン (こうえきしゃだんほうじんセーブ・ザ・チルドレン、略称: SCJ) は、 セーブ・ザ・チルドレン世界連盟 (International Save the Children Alliance) のパートナーとして、イギリスアメリカ合衆国の各セーブ・ザ・チルドレンの要請を受けて1986年に設立されたNGOである。以前は日本国外務省所管の社団法人だったが、公益法人制度改革に伴い、2011年4月1日から公益社団法人

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン (SCJ) の日本国内事務所は、東京都千代田区の本部事務局と、大阪府大阪市中央区の大阪事務所の2箇所。

活動目的

「本会は、地球上のあらゆる地域、特に開発途上国において、セーブ・ザ・チルドレン世界連盟と同一の理念にたって、戦争や武力紛争、貧困、飢饉及び災害等によって教育の機会が失われる子どもを援助するとともに、子どもの生命を守り、その生存と発達を確保し、子どもが等しく尊厳ある人間として生き得るべく、生活条件を改善するための国際協力を通じて、世界の平和、環境、発展に寄与することを目的とする。」 — 定款第三条 (目的) より

活動内容

  • 教育支援 – 学校建設・修復、識字教室の開催、教員へのトレーニング、教育カリキュラムへの助言、教育の必要性および教育を受ける権利についての啓蒙等
  • 食料支援・栄養指導プログラム – 「子どもの栄養改善プログラム」 (体重測定、離乳食給食、離乳食調理実習) 、「母親の産前検診」事業等
  • 医療保健プログラム – 保健衛生に関する研修、政府・保健所への保健サービスの重要性についての啓蒙
  • 子どもの搾取と虐待対策プログラム等
  • HIV/エイズ問題プログラム – 感染予防プログラム、感染した子どもたちへのケア
  • 紛争と災害への緊急援助 – 緊急物資の配給、予防活動等

活動資金

2007年度「決算報告書」によると、受取り金のうち、個人・団体からの会費、寄付が約65%、政府・国際機関からの助成金・委託金が15%強を占める。その他は民間助成金、現地収入等である。

経常費用の内、管理費は11%程度をしめる。事業費 (5億4千万円) のうち海外に関する事業に約7割 (3億7千万円) 、国内に関する事業に約3割 (1億7千万円) が使われている。

補助金や委託事業の他、事業実施パートナーとして政府開発援助 (ODA) の一部を担っている

投稿者: henna kannkaku

異次元の金融緩和がもう終わってしばらくして 経済について学び中の中年の男です。 金融工学とか学べたらいいです 情報交換しましょ。 ビットコインとかも暗号通貨などに、勝ち組に。 って俺お金ないんだよね。カツカツです

コメントを残す